AirWatch by VMware について

AirWatch by VMware は、2003 年の設立後の短期間に、ワイヤレスエンドポイントと耐久性デバイス管理において成功を収めました。スマートデバイスが業務に導入されるようになり、従業員がデバイスから企業情報にアクセスする必要性が高まり始めた 2006 年、AirWatch 経営陣は、業務で使用されるどのようなデバイスでも管理できるソリューションの開発に主軸を移すことを企業戦略として決断しました。彼らは、IT のコンシューマライゼーションがビジネスのあり方を根本的に変革するとの確信を持っていたからです – そして彼らは間違っていませんでした。

現在 AirWatch は、エンタープライズモビリティ管理プロバイダとして市場を牽引しています。この業界における 10 年以上の実績を活かし、AirWatch は、企業がモビリティ管理の複雑さに煩わされずに、むしろビジネスへのモバイル技術の活用にフォーカスを当てることができるような、企業にパワーを与えるソリューションを継続して開発してきました。2013 年 2 月、AirWatch は、2 億ドルという歴代で最も高額なシリーズ A 資金を調達しました。その一年後、AirWatch は 15.4 億ドルで VMware の傘下に入りました。AirWatch と VMware の組み合わせは、より包括的なソリューションを企業に提供することを可能にしました。弊社のソリューションで、エンドユーザは、ライフスタイルに合わせて時と場所を選ばずに好きなデバイスを使用して働くことができるようになったのです。

弊社の提供するサービス

AirWatch by VMware は、企業のモビリティ管理をシンプルにし、エンドユーザにパワーを与えます。AirWatch を導入することで、多岐にわたるモバイルプラットフォームと OS の、様々なスマートフォン、タブレット、ラップトップその他のデバイスを、簡単に展開し、構成、セキュア化、管理、そしてサポートできるようになります。AirWatch のプラットフォームには業界最高レベルのモバイルデバイス、Eメール、アプリケーション、コンテンツおよびブラウザ管理ソリューションが含まれています。個人デバイスの業務利用 (BYOD) プログラムを実施する場合でも、企業所有デバイスや特定業務用デバイスを導入する場合でも、弊社のソリューションは、デバイスタイプ、使用される状況や組織内でのユーザ役割に応じて、スタンドアロン、デュアルペルソナ コンテナ化ソリューション、あるいは包括的なプラットフォームとして実装することが可能です。弊社の統合されたソリューションを使用する多くの企業が、セキュリティリスクの軽減とデータ漏洩防止を実現しながら、コスト削減と効率アップを達成してきました。

AirWatch を導入することで企業はエンドユーザにパワーを与えることができます。仕事はより快適になり、生産性も上がります。社員に手軽な企業情報へのアクセスを与えることは、ひいては業務上のより大きな成果と、顧客との関係強化につながることでしょう。

購入から実装、そして継続的なサービス提供にいたるまで、AirWatch の広範なパートナーネットワークがお客様をサポートします。さらに AirWatch は、ネットワークアクセス制御、統合コミュニケーション、WLAN、証明書ベースの認証と公開鍵基盤、ディレクトリサービス、ビジネスインテリジェンスとテレコム費用管理界のリーダーを含む、モバイルエコシステムにおける補完的なプレーヤーとの統合が可能です。

企業情報

AirWatch プラットフォームは、150 か国以上で使用されており、弊社ソリューションは 18 の言語に対応しています。AirWatch はアトランタを拠点とし、アクロン、バンガロール、ミルトン・キーンズ、香港、メルボルン、マイアミ、シンガポール、トロントとワシントン D.C. にオフィスがあります。VMware の本社はシリコンバレーにあります。