企業のモバイル展開における個人デバイス導入をサポート

モバイル端末の使用が一般消費者に広く普及するにしたがって、個人デバイスの業務使用 (BYOD、Bring Your Own Device) や、企業所有のデバイスと BYOD の混在型プログラムに対して、多くの企業が関心を寄せています。 BYOD プログラムまたは混在型アプローチを採用することで、従業員はどこからでも企業リソースにアクセスできるようになり、生産性と従業員の満足度向上につながりますが、従業員の個人デバイスや、デバイスごとに異なるプラットフォームをサポートし安全性を確保することは、企業の IT 部門に多くの負担を強いることになりかねません。

デバイスの選択肢

デバイスの選択肢

AirWatch は、主要なモバイル プラットフォームのすべてをサポートしているので、柔軟な BYOD プログラムの導入が可能です。 スマートフォン、タブレット、ラップトップの最新のモデルの中から、従業員が使い慣れた機種を選択できるように設定できるほか、加入できるデバイスを、カスタマイズされたホワイトリストとブラックリストで定義することも可能です。

企業リソースへのアクセス

主要なプラットフォームの端末を AirWatch に加入させるプロセスは、エージェント ベースで非常にシンプルです。 ユーザーの認証が完了した後は、ユーザーとデバイスの所有形態に応じて、プロファイル、アプリケーション、コンテンツの構成が自動的に行われます。 プロファイルを自動プッシュあるいはオンデマンドでインストールし、従業員に、イントラネット サイト、企業コンテンツ、アプリケーション、Wi-Fi、VPN ネットワーク等への接続を提供することで、個人が所有するデバイスから企業リソースへセキュアにアクセスすることが可能です。 さらに、AirWatch のセルフサービス ポータルでは、一部の管理権限を従業員に委譲することができるため、従業員自身が、セルフサービス ポータルを使ってデバイスの追加加入や、デバイスの詳細情報の閲覧、遠隔操作の実行をできるようになり、ひいてはIT 部門の負担軽減にもつながります。

企業リソースへのアクセス
プライバシー保護上の懸念

プライバシー保護対策

AirWatchのソリューションでは、デバイスの所有形態に応じてカスタマイズ可能なプライバシー ポリシーをベースに、企業データと個人データをデバイス上で隔離することが可能です。 従業員の個人デバイスからは、個人の E メールアカウント、コンテンツ、アプリケーションのデータを収集しないようにポリシーを構成し、GPS 位置情報、ユーザーの個人情報、通信データ等のプライバシーも保護されるように設定できるほか、フルデバイスワイプや遠隔操作が実行されないように設定することもできます。 さらに、ユーザーの役割、組織グループ、およびデバイス プラットフォームに基づいてカスタマイズされた利用規約を、予めユーザーと締結しておくことで、どのようなデータが収集され、どのようなデバイス利用が許可されているのかをユーザーに周知し、従業員が個人デバイスを使って企業リソースにアクセスする際に生じるセキュリティ リスクを軽減することも可能です。

セキュリティとコンプライアンス

企業は、IT 部門のセキュリティ要件に関して妥協することなく、BYOD を実現する必要があります。 AirWatch Container は、企業データを個人データから隔離したまま、企業リソースや、デバイスに配布されるアプリケーションにエンタープライズ クラスのセキュリティを提供します。 また、統一性を保つために、デバイスタイプを指定し、デバイス加入制限を設定することも可能です。 さらに、全てのデバイスを管理しなくても、企業アプリケーションとデータをコンパートメント化して管理することもできます。 AirWatch のコンテナ化ソリューションは、シングル サイン オンやクロスコンテナ統合機能などの連携によって、シームレスなユーザー エクスペリエンスを提供できるよう設計されています。 AirWatch は、企業のアプリケーションに、ユーザー認証、データ暗号化、アプリケーション レベルでのポリシー設定やコンプライアンスの監視、管理機能といった、エンタープライズ クラスのセキュリティをご提供しています。

セキュリティと順守
企業リソースの削除

企業リソースの削除

エンド ユーザーが AirWatch の加入を解除したり、退職したりしたときは、そのユーザーの企業 E メール、Wi-Fi、VPN 等へのアクセスはブロックされます。エンド ユーザーの加入解除と同時に、社内アプリケーションと企業コンテンツはデバイスから削除されます。最終的には企業情報ワイプが実行されますが、その操作がデバイス上の個人コンテンツに影響を及ぼすことはありません。