企業サイトにセキュアなモバイル ブラウジングを

モバイル端末からインターネットへのアクセスは、お客様環境をよりインタラクティブにし、モバイル POSを 利用してビジネスを活性化するなど、限りない可能性を持つ一方で、セキュリティ リスクが伴うことも事実です。 マルウェアを含んでいる可能性のある業務と無関係な Web サイトに従業員が勤務中にアクセスできるということは、企業にとってセキュリティ上のリスクです。

AirWatch® モバイル ブラウジング管理は、セキュアな Web ブラウジング環境を確保し、企業独自のビジネス ニーズやエンド ユーザーの要望に沿って設定をカスタマイズする機能を提供します。 単一の管理者コンソールからセキュアな Web ブラウジング ポリシーを定義および適用でき、セキュアなブラウザでセキュリティ上の懸念を伴わないモバイル ブラウジングが可能です。

ブラウジングポリシー

ブラウジング ポリシー

ネイティブ ブラウザとパブリック ブラウザ アプリケーションを無効にし、すべてのWeb ブラウジングを AirWatch Browser を通して行うように設定することができます。 これにより、企業のセキュリティ要件に基づいた Web ブラウジングのカスタマイズが可能です。 アクセス権を与える IP アドレスをホワイトリスト化し、Cookie の受け入れ、コピー、ペースト、印刷、Web 閲覧履歴のキャプチャ等に関するポリシーを定義し、利用条件を設定して利用規約への同意を求めることができます。 さらに、ダウンロードしたコンテンツを AirWatch Content Locker® で開封するよう強制することも可能です

モバイル アクセス ゲートウェイ

AirWatch Browser は、企業の LAN 上の社内リソースにプロキシを介してアクセスするため、AirWatch® モバイル アクセス ゲートウェイを通したアプリ トンネリングを使用するよう事前構成されています。 すべてのコンプライアンス対応済みのデバイスに、企業サービスにアクセスするセキュアな単一の入り口を提供し、AirWatch Browser と社内ネットワーク間の通信は TLS/SSL で暗号化され、証明書ベースの認証が使用されます。 デバイス上にサードパーティ製の VPN を必要とせずに、VPN と同様の機能を提供します。 管理者は、ユーザーがアクセスできるイントラネット サイトを定義することも可能です。

モバイルアクセスゲートウェイ

AirWatch Browser のユース ケース

AirWatch Browser では、企業および企業のお客様独自のニーズにもとづいた固有の設定を行い、セキュアな Web ブラウジング環境を提供します。 管理者は、デバイスの所有形態に応じてセキュリティ設定を定義でき、企業ニーズの変化に合わせて構成をリアルタイムで調整し、ワイヤレスでデバイスに適用できます。

企業所有デバイス

企業所有デバイス

企業所有デバイスに関しては、デバイスのアクセスを、イントラネットと事前定義された外部ウェブサイトのリストに制限します。アプリトンネルを有効化し、AirWatch Browser をイントラネットサイトと、AirWatch モバイルアクセスゲートウェイを介したサードパーティウェブフィルタに接続します。ネイティブブラウザを無効化し、シングルサインオンを有効化して他のビジネスアプリと統合します。

事業ラインごとのデバイス設定

事業ラインごとのデバイス設定

事業ラインごとのデバイスに関しては、キオスクモードを有効にし、他のサイトへの移動とブラウジング機能を無効にすることができます。キオスクモードでは、ユーザーは、一つのサイトのみ閲覧することができます。管理者はさらに、非アクティブ時間の上限を設定することもできます。

BYOD

BYOD

企業のセキュリティ維持のため、管理者は、従業員所有のデバイスからは AirWatch Browser を通してのみ企業イントラネットにアクセスするよう設定できます。シングルサインオンとアプリトンネルを有効化し、AirWatch Browser を企業イントラネットとサードパーティウェブフィルタに接続します。

使いやすいインターフェース

使いやすいインターフェイス

AirWatch Browser は、使い慣れたネイティブ ブラウザと同様の、直感的な使用環境を提供します。 タブ ブラウズ機能により、一つのウィンドウに複数の Web サイトを開くことができます。 ナビゲーション バー、ナビゲーションの矢印、更新ボタンなどにより使いやすさも向上します。 また、共有ボタンからブックマークや AirWatch に関連付けられたアカウントへの E メールにアクセスすることができ、設定で許可されていれば Web ページを印刷することもできます。 メニュー ボタンからは、履歴、ホワイトリスト化されているサイト、および事前設定されたブックマークリスト等のオプションを表示させることが可能です。