統一されたラップトップ管理

ラップトップは今やビジネスに不可欠なものとなり、ユーザはどこからでも企業コンテンツへアクセスすることができます。従来のラップトップ管理はドメイン参加管理によるもので、さまざまなラップトップ プラットフォームの管理において分散化と相違の原因となるものでした。

また、個人所有のラップトップの業務利用といった新しいユースケースの出現により、企業のラップトップ管理の任務は拡大し、IT 部門はこれらのデバイスの管理方法の変更を迫られています。複数のオペレーティングシステム、管理ソリューションおよびその他のモバイルデバイスが組み合わさって企業に導入され、IT 部門は、デバイス全体をセキュアに維持し、監視を確実にするというさらなる挑戦に直面しています。

AirWatch® ラップトップ管理は、Mac OS と Windows ラップトップに並びスマートフォンとタブレットの管理も単一のコンソールで可能にします。

構成管理

AirWatch 構成は、ラップトップのイメージングの必要性を取り除き、シームレスで革新的な体験を従業員に提供します。デバイス情報とユーザ属性を考慮するダイナミックなスマートグループに基づいて構成を管理し、変更時には自動的に更新します。エンドユーザをWi-FiやVPNといった企業リソースに自動的に接続し、証明書認証やアプリごとのVPNによる高度なオプションで、バックエンドシステムへのセキュアな接続を確実にします。

ラップトップに Exchange Web Services を構成し、Outlook アカウントを自動的に構成します。カスタムプロファイル構成を管理された設定の展開に活用します。AirWatch セルフサービスポータルで、エンドユーザは、希望する企業アプリおよびコンテンツをインストールしてラップトップ構成をカスタマイズすることができます。AirWatch プロファイルを通して展開されるラップトップ構成は、要件に基づいた設定および更新が可能で、オンデマンドまたは時間ベースのスケジューリングと言った高度な設定やカスタマイズ可能なブランディング オプションが使用できます。

ソフトウェアの配布

AirWatch の使用で、企業はソフトウェアパッケージのインストール、更新および削除を自動で行うことができ、スクリプトとファイル管理ツールも提供されます。ラップトップ上にインストールするソフトウェア、アプリケーション、ファイル、スクリプトとコマンド用に自動化されたワークフローを作成し、インストレーションが加入時、オンデマンド、または事前に定義された時間に行われるよう構成します。AirWatchで、ネットワーク状態などのコンディションあるいは定義するスケジュールに基づき、パッケージのインストールを設定することもできます。リレーサーバを活用し、AirWatch サーバにまで戻ることなくソフトウェアやパッケージをローカルネットワークから配布します。展開後は、正常なインストレーションと実行のログを管理者コンソールで表示します。

AirWatch® App Catalog で表示される各アプリの説明、画像やカテゴリを定義した企業アプリケーションを、ラップトップにアップロードおよび展開します。ダイナミックなスマートグループを使用してアプリケーションを配布し、加入解除されたデバイスからアプリケーションを削除します。

アセット追跡

管理者コンソールはとてもシンプルなデザインで、貴社に接続しているすべてのデバイスをリモートでモニタおよび管理します。AirWatch は、マルチテナントのため、ひとつのコンソールで、地理的な場所、ビジネスユニット、またはその他区分にわたるすべてのデバイスを管理できます。役割に基づいたアクセス管理により管理者を定義し、管理権限を委任します。

管理者コンソールの対話型ダッシュボードで、接続しているすべてのラップトップ、Mac OS および Windows の完全なインベントリをリアルタイムで表示します。コンピュータ名、UDID、シリアル番号、GPS ロケーション、OS バージョン、物理メモリ、バッテリ状態、MAC アドレス、インストールされたプロファイルとパッケージなどのデバイス詳細情報をモニタします。また、ユーザ名、デバイス所有形態、利用規約承諾、Eメールアドレス、電話番号、および部署と いったエンドユーザ情報も表示します。

AirWatch は、デバイスとコンソールイベント両方の記録をシステムモニタリングのために維持し、コンソールでログを閲覧したり、レポートとしてエクスポートしたりできます。広範囲にわたるレポート機能で、貴社の展開についての実用的かつ即利用可能な分析を提供します。カスタマイズ可能なレポートと80種以上のレポートテンプレートが利用でき、レポートは定義するスケジュールまたは定期的な間隔で送信やエクスポートが可能です。

リモートアシスタンス

エンドユーザにリモートアシスタンスとトラブルシューティングのサポートを提供します。エンドユーザにプッシュ通知を送信したりスクリーンをリモートでロックしたりします。デバイス情報の収集目的に、デバイスクエリを実行し、最新のプロファイルリスト、デバイス情報、インストールされたアプリケーションおよび証明書の情報を収集します。トラブルシューティングのために、ファイルシステム ログや構成ファイルにリモートでアクセスし、問題を診断します。デバイスが侵害されている場合、管理者のみが解除できるリモート デバイスロックを実行するか、企業情報ワイプあるいは完全なデバイスワイプを実行します。

エンドポイント プロテクション

エンドポイント プロテクションへのマルチレイヤー アプローチで、貴社環境内のラップトップをセキュアに維持することが確実になります。エンドユーザによるデバイス パスコードの設定を必須とし、証明書認証を構成します。アプリケーション、システム環境設定、アプリストアおよびデバイス共有へのアクセスを含むデバイス上のユーザアクションを禁止する制限事項を構成します。ウィルスやマルウェア対策ソフトウェアの自動構成で、デバイスを悪意のある攻撃から確実に保護します。完全なディスク暗号化は、貴社データがセキュアであることを確実にします。AirWatch 順守エンジンは、貴社のデバイス全体の順守状態をモニタします。ポリシを構築し、違反が検知された場合に取るアクションとエスカレーションを指定して対応します。デバイスが侵害された場合は、デバイスワイプ あるいは企業情報ワイプを実行し、企業データを保護します。

ユーザ イネーブルメント

合理化された加入方法

エンドユーザは、プロンプトが表示される際に企業Eメールアドレスを入力するだけで AirWatch® Agent を通じて、ラップトップを加入することができます。 AirWatch は、即時にドメインを認識し、ユーザを企業資格情報により認証します。加入すると、ラップトップはアプリケーションとソフトウェアで自動的に構成され、エンドユーザは必要な企業リソースを活用することができます。貴社が従業員の個人所有ラップトップの業務利用 (Bring Your Own Laptop) を実施する場合は、デバイス全体ではなく、つまり、個人情報を収集することなく、企業データのみを管理することでエンドユーザのプライバシを確実に保護します。

AirWatch アプリ

AirWatch は、ラップトップ全体の生産性と使用可能性の向上のためにいくつかのアプリケーションを開発しました。AirWatch Agent で、ユーザは管理者からのメッセージを閲覧したり、順守状態を確認したりすることができます。AirWatch App Catalog で、ユーザは、パブリック・社内・推奨・ウェブアプリケーションを表示、ブラウズ、検索およびインストールすることができます。ウェブベースのカタログは、デバイスタイプに関わらず統一されており、ユーザは必要とするアプリをすべてのデバイス上で簡単に取得することができます。

AirWatch® Inbox と AirWatch® Browser は企業 Eメールとイントラネット サイトへのセキュアなアクセスを提供します。AirWatch Inbox は、コンテナ化した Eメール クライアントで、デバイス上の企業データと個人データを完全に分離し、従業員のプライバシを保ちながら企業データを保護します。AirWatch Browser には、ブックマークの事前構成機能と、イントラネットサイトへのトンネル機能があり、ユーザは URL を記憶する必要がありません。

セキュアなコンテンツの共同作業

セキュアなコンテンツの共同作業を可能にするために、ユーザはセルフサービスポータルの個人フォルダを通じてコンテンツを共有することができます。これらのフォルダは同期され、ユーザのスマートフォンまたはタブレット上のAirWatch® Secure Content Locker アプリケーションからアクセスできます。デスクトップクライアントのAirWatch® Secure Content Locker Sync を使用して、ユーザはラップトップからアプリケーションに直接ファイルをドラッグ アンド ドロップすることができ、所有するすべてのデバイスに最新バージョンのコンテンツがあることを確実にします。Outlook から Eメールを送信する場合、ユーザは Outlook プラグインを通じてAirWatch Secure Content Locker から直接ファイルを添付することも可能です。

エンドユーザ セルフサービス

ユーザは、よくあるラップトップ関連の問題をAirWatch セルフサービスポータルにより自分で解決し、IT部門の負担を軽減することができます。ユーザは暗号化状態、インストールされたプロファイルとアプリ、および順守状態といったすべての加入デバイスの詳細情報を閲覧することができます。順守に問題があった場合、IT 部門が関与することなく、AirWatch がユーザに問題解決の方法を指示します。セルフサービスポータルはウェブベースのため、ラップトップが手元にない場合でもユーザは情報にアクセスでき、パスコード消去やデバイスワイプなどのコマンドをデバイスに送信することができます。最終的に IT 部門のヘルプが必要な場合、エンドユーザは、セルフサービスポータルから直接サポートに連絡することができます。