従業員の生産性向上のためのアプリケーションの配布

モバイル アプリケーションは、従業員の業務スタイルを変えつつあります。 モバイルユーザーからは、企業リソースへアクセスでき、生産性が向上し、チーム内での共同作業を可能にするモバイルアプリケーションが求められています。 先進的な企業では、承認されたパブリック アプリケーションや、カスタマイズされた社内アプリケーションが活用されています。

AirWatch® モバイル アプリケーション管理 (MAM) は、モバイル アプリケーションの導入、配布、セキュア化、および追跡管理にまつわるあらゆる課題に対処するソリューションを提供します。企業または従業員が所有デバイスや、共有デバイスで展開されている、社内、パブリック、および購入済みアプリケーションを、一元化されたコンソールからシンプルに管理することが可能です。

ライフサイクル管理

ライフサイクル管理

AirWatch のソリューションでは、購入および開発からセキュア化、配布、およびインストールの追跡にいたるまで、アプリケーションの全ライフサイクルを管理することができます。 一元化された管理者コンソールから、利用可能なインストール済みのパブリックおよび社内アプリケーション、バージョン情報などを確認することが可能です。

ラアプリケーションの購入と開発

Apple 社の App Store、Microsoft 社の Windows Store および Google Play store と連携し、AirWatch App Catalog からパブリック アプリケーションへのアクセスを提供します。 コスト管理ポリシーを設定しアプリケーションの費用を管理したり、App Catalog 上で、費用が払い戻し可能か否かをアプリケーションごとに表示したりすることもできます。 また、Apple 社の Volume Purchase Program (VPP) と連携し、アプリケーション、iBook やカスタマイズされた B2B アプリケーションを一括購入することで、企業のライセンス管理が容易になるほか、カスタマイズされた社内アプリケーションを開発する企業向けには、AirWatch ソフトウェア開発キット (SDK) またはアプリ ラッピングも提供しています。

アプリケーションの購入と開発
配布と AirWatch App Catalog

配布と AirWatch App Catalog

管理者は、ユーザーの加入時にアプリケーションが自動的にプッシュされるようにしたり、アプリケーションを AirWatch App Catalog に載せ、オンデマンドでインストールできるようにしたりすることができます。 App Catalog と MDM との連携や、AirWatch Workspace 内での展開、または単独のアプリケーションとして使用するといった、様々な利用形態が可能です。 ユーザーは、App Catalog 内でパブリック、社内、および推奨アプリケーションや Web アプリケーションの閲覧、ブラウズ、検索、インストールを行うことができます。 App Catalog はカスタマイズ可能で、企業のブランディングに合わせることができ、多言語のサポートも提供しています。 インターフェイスは使いやすい HTML5 で、サードパーティ製のファイル共有ソリューションと連携することで、カテゴリのカスタマイズや主要なアプリケーションのハイライト表示が可能です。 また、 「スマート グループ」 を作成し、ユーザーや担当領域に応じて異なるアプリケーションと設定を割り当て、管理者が、加入手続き中に必須アプリケーションを自動プッシュし、それらを遠隔管理することもできます。

アプリケーションのセキュリティ対策

管理者は、アプリケーションのホワイトリストとブラックリストを設定して、コンプライアンス ポリシーを構成し、ネイティブ アプリケーションの使用を制限するなど、最高レベルのセキュリティ対策をとることができます。 ユーザー認証、データ暗号化、データバックアップ制限、コンプライアンス追跡等の機能ではデータ漏洩を最大限に防止します。 さらに 社内とパブリック双方のアプリケーションの評価分析機能も備えており、アプリケーションをピックアップして評価分析を行い、リスク プロファイルを割り当てて、セキュリティ要件を定義し、コンプライアンスの適用を自動化することができます。

アプリのセキュリティ対策
フィードバックと評価

フィードバックと評価

エンド ユーザーは、パブリックと社内双方のアプリケーションの関して、評価やレビューの記入が可能です。 他のユーザーや管理者は、コメントや評価を App Catalog 内で閲覧することができます。 アプリケーションがクラッシュしたときは、ログをキャプチャし、詳細な診断、分析のためにアプリケーション開発者に自動送信されます (AirWatch SDK)。

管理者向けコントロールと追跡管理

高度な制御機能を備えた直感的なアプリケーション管理が可能で、マルチテナンシーにより、アプリケーション管理権限を複数の管理者に委譲することができるほか、従業員の職務に応じて必要なアプリケーションにのみアクセスできるようにすることが可能です。 また、アプリケーションの一覧、バージョン、状態、評価等に加え、どのアプリケーションが何人のユーザーに割り当てられ、そのうちインストールを完了したのは何人か等のデータを閲覧することもできます。 アプリケーションのインストールや、削除はコンソールでクリック 1 回で行え、アプリケーションの詳細や、割り当てユーザー数、ワークフロー状態、利用規約承諾履歴等のデータを追跡管理することが可能です。

管理者コントロールと追跡管理
イベントログ記録、分析とレポート作成

イベント ログ記録、分析とレポート作成

デバイスとコンソール イベントのすべては、管理者コンソール上に記録され、閲覧可能です。管理者は、ログ収集のレベルを構成し、重要度やカテゴリ、モジュールに応じてイベントを抽出することができます。 高度な分析とレポート作成機能を使用して、ユーザー、デバイス、グループ別にアプリケーション レポートを作成し、エクスポートすることができるほか、社内、パブリック、および購入済みのアプリケーションの一覧を閲覧したり、アプリケーションのバージョンや更新履歴の追跡管理も可能です。